恋愛がしたいけど出会いの機会が無く、また婚活に勤しむのは少し恥ずかしいなんて思っている人必見です!近年では街規模の大きなパーティで出会いを見つけることができます。それが街コンです!

楽しく話すカップル

付き合ってから、パートナーと上手くいくために

恋愛は付き合うことが目的では当然ありません。
いざ付き合うことになったらそのパートナーと、これから一緒に時間を過ごしていくことになります。
そんなパートナーとはできればずっと一緒にい続けて、ゆくゆくは結婚を見据えた付き合いにしていけることが一番望ましいでしょう。
それでははたしてパートナーとの付き合いを上手くいくようにする方法やコツとはなんでしょうか。

パートナーはこれからの長い人生を共に歩んでいく相手です。
なるべく自然体で、無理のない関係を築きたいものですが、その関係が上手くいくには、それがわがままになりすぎないように注意をしていく必要があります。
自然体でありながら無理せず自分勝手にならないようにするために、最も大切にすべき感情は「思いやり」です。

相手を思いやる気持ちがあれば「今自分はこうしたいけれど、パートナーだったらこうしたがるだろうな」という考えを一度挟んだうえで、「それでも今回は譲れないからお願いしよう」「今回はこうしたらパートナーが喜んでくれるかな」という、次の行動に自然に移ることができるでしょう。
これは相手の好みのツボがわかったうえでの行動になってくるので、わからない場合は素直に確認することが大切です。
仕事でも報連相で信頼を深めていくのと同じように、恋愛でも報告や相談はパートナーと上手く付き合っていく大切な方法でありコツだと言えます。

また意見がぶつかったときにはパートナーの意見をしっかりと尊重することも大切です。
自分の意見ばかり通してしまうのであれば、話す相手はペットや人形でも良いわけです。
パートナーにはパートナーなりの考えがあって行動・発言をしているのだときちんと認識しましょう。
また過度な思い込みや決めつけも良くありません。
「どうせあなたはこうだから」というような考えに至ってしまってはパートナーの短所ばかりが見えてきて嫌になってしまうでしょう。

短所は特徴であり、時に長所となり得ます。
逆にとても素敵な長所だと思っていたことも、場合によってはとんでもない短所となることも出てくるでしょう。
そのたびに落胆していては、人と長く深く付き合って行くことなんて不可能です。
優柔不断は慎重さの表れであり、頑固さは折れない芯の強さを示しています。
短所はただのその人の特徴です。
相手の短所を否定的に見るのではなく、また相手の長所に浮かれるのではなく、あくまで特徴だという形で認めていくと、お互いに接し方がわかってくるものです。
性格、特徴を理解して、お互いが一番気持ちの良いコミュニケーションが取れるように歩み寄ることが何より大切だと言えます。